魔裟斗HMB(医食同源)の効率の良い飲み方、吸収率を下げる飲み方

魔裟斗HMB(医食同源)とグリーンスムージーを同時に試す飲み方

最近よく耳にするようになったHMB。

一日のうち1食をスムージー置き換えるという方法ですが、チャレンジしやすくて人気が高いのは朝食の置き換えのようです。

忙しい朝、バランスを考えて食事するのはなかなか大変ですよね。

グラノーラなど手軽に栄養が摂れるものもありますが、意外とカロリーが高いわりに満腹感がなかったりします。

もちろん、スムージーでも満腹~とはいかないですが、便秘が改善されたり、肌の調子が良くなったり、筋力アップがあったりと、早くに効果が実感できることから、少しずつその空腹感も心地よく感じられるようになります。

忙しい朝、手軽に食生活も整って体調も良くなるなんて嬉しいですよね。

普段のグリーンスムージーに魔裟斗HMB(医食同源)を取り入れてみるのも○

魔裟斗HMB(医食同源)と牛乳は一緒にとると吸収率が悪くなるので注意

牛乳はスムージーなどに割ることができたり、フルーツ風味もあったりスムージーが苦手な人でも比較的飲みやすいドリンクです。

でも牛乳は魔裟斗HMB(医食同源)の吸収を遅らてしまうので、同時に飲むことはおすすめできません。

抹茶オレや、人によってはバナナオレなども気をつけましょう。

しかし、スムージーなどを飲まれている方は牛乳と割ることで満腹感が得られやすくなり利用しやすいのも事実です。

魔裟斗HMB(医食同源)の吸収の良い飲み方は、お湯や水などで飲むのが理想

魔裟斗HMB(医食同源)はどのくらいの分量飲めば良い?

お水やお湯にだけで、いつでも簡単に美味しく飲める魔裟斗HMB(医食同源)。

薬ではないため飲む分量や用法などは決まっていません。

でも1回飲んだだけでは効果は実感できないので、出来れば続けて飲むのが良いでしょう。

朝はデトックスに最適ですので、忙しい朝にのむ習慣をつけるのがおすすめです。

また、運動前後は魔裟斗HMB(医食同源)に入っている多種類のHMB成分がサポートし吸収率をUPさせるといいます。

またたくさんの分量を飲めば良いというものではありませんが、習慣化すれば1回2粒程度なら問題ないでしょう。

医食同源HMBトップへ戻る